2017年6月26日(月曜日)

BONDのスコット・グールド支配人が初来日しプロモーションを行いました/Scott Gould, Estate Director of BOND visited Japan for promotion in Jun., 2017

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 15時55分18秒

ボンドはナパ・ヴァレーで栽培されるカベルネ・ソーヴィニヨン品種で様々なテロワールの違いを表現したワインを造り出すことを目標に掲げており、現在は長期リース契約(20年以上)を結んだ5つの畑からワインを造っています。そのBONDからスコット・グールド支配人を迎えてプロモーションを行いました。

6月12日夜 ウルフギャング・ステーキハウス丸の内店でBONDナイトを開催しました。これは夕方以降の営業時間内に1日限定で開催したもので、5種類のBONDをグラス・セットで特別価格で楽しんでいただくもので、限定20セット用意しましたが、早い時間に売り切れてしまいました。

6月14日の夜も同じ趣向でウルフギャング・ステーキハウス六本木店で開催しました。

6月13日 インタビューを受けました。


同日午後、酒類業界関係者むけに少人数制のボンド・セミナーを行い、2013年ヴィンテージの紹介を行いました。








6月14日 伊勢丹新宿店を訪問


同日 六本木のステーキハウス37を訪問


同日 パークハイアット東京のニューヨーク・グリルでスタッフ向けセミナーを行いました。






6月15日に大阪に移動し、ホテル・グランヴィア大阪で業界関係者向けの20人限定のセミナーを行いました。




同日、ワインストア・ワッシーズを訪問。


同夜、ワッシーズ・スープルでボンド5種類をセットで楽しんでいただけるBONDナイトを開催しました。


2017年6月23日(金曜日)

ワシントン・オレゴン・ワイン・エクスペリエンス2017の優秀店表彰式が行われました/The awards ceremony of the 2017 Washington Oregon Wine Experience was held on June 20th

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 09時31分27秒

2017年3月、4月の2カ月間にわたって開催されたワシントン・オレゴン・ワイン・エクスペリエンスの優秀店の発表が6月20日白金台の八芳園で開催されました。


結果はこちらをご覧ください。


2017年6月22日(木曜日)

2017カリフォルニア・ワイン・バイ・ザ・グラス・プロモーションの優秀店表彰式がありました。/The prize-giving ceremony of 2017 California By-The-Glass Promotion was held on June 19th

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 10時23分28秒

2017年の4月から5月に開催されたカリフォルニア・ワイン・バイ・ザ・グラス・プロモーション優秀店の表彰式が6月19日、神宮前で開催されました。

優秀店のリストはこちらをごらんください。
アンコール・プロモーションが優秀店各店で開催されます。その情報も上記URLでご確認ください。


2017年6月19日(月曜日)

Wine-What!? 2017年7月号新商品テイスティングにピエドラサッシのPSシラーが最高得点を獲得/Piedrasassi PS Syrah got a high score at “New product tasting” in bi-monthly magazine “Wine-What!?” July, 2017 issue

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 09時38分05秒

ニュー・カリフォルニアを牽引するワインメーカーの一人であるサシ・ムーアマン(Sandhi, Domaine de la Cote)が共同オーナー兼ワインメーカーを務める、ピエドラサッシのシラーPSサンタ・バーバラ・カウンティが隔月刊ワイン・ホワット!? 2017年7月号の新商品テイスティングで当月のテイスティングで最高得点を獲得し、特集の頭を飾りました。PSシラーはピエドラサッシの入門ワインの位置づけで、ピエドラサッシで造るサンタ・バーバラのシングル・ヴィンヤードやその他の優良畑の若木を使う、適度な凝縮感を持つミディアム・ボディーのエレガントなワインです。

ピエドラサッシ PS シラー サンタ・バーバラ・カウンティ 2014年 希望小売価格3,600円(税別)


2017年6月16日(金曜日)

Wine-What!? 2017年7月号のカリフォルニア現地取材特集にHonigとGoldeneyeが登場/Honig and Goldeneye were appeared in “Wine-What!?” July 2017 issue

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 18時26分08秒

隔月刊ワイン・ホワット!?の2017年7月号はカリフォルニア現地取材を敢行した「ナパ、ソノマ、メンドシーノの美味しいワインと創るヒト」特集です。現地にはワインライターの柳忠之氏が赴き、カリフォルニアワインの歴史、サスティナブル(持続可能な農業)なワイン造りの最先端をゆくカリフォルニアの姿を詳細に解説しています。弊社扱いではナパ・ヴァレーではホニッグ・ヴィンヤード&ワイナリーを訪ね、オーナーのマイケル・ホーニッグとワインメーカーのクリスティン・ベレアにインタビュー。
メンドシーノではダックホーン・ワイン・カンパニーの6ブランドの内の一つ、ゴールデンアイを訪ね、ワインメーカーのマイケル・アカーソと栽培責任者のP.J.アルヴィソに案内してもらいました。
現地での試飲レポートは他社とあわせて9社分がまとめて別のページに掲載されています。
注:ゴールデンアイの現地試飲コメントには米国内限定商品のコンフルエンス・ヴィンヤードも掲載されていますが、記載の希望小売価格編集時のダミー価格であり、正しい価格ではありません。


2017年6月14日(水曜日)

トーマス・リヴァース・ブラウン来日インタビュー記事がワイナート2017年夏号に掲載されました/Interview with Thomas Rivers Brown was appeared in a quarterly wine magazine “Winart” 2017 summer issue

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 09時32分15秒

季刊誌ワイナートの2017年夏号(6月発売)にワインメーカー、トーマス・リヴァース・ブラウンのインタビュー記事が「100点満点請負人のプライベートな挑戦」と題して掲載されました。
インタビュアーはワインライターの柳忠之氏。
トーマスといえばシュレーダー・セラーズで100点を連発することで、濃厚でパワフルなワインを造る人、と思われがちですが、トーマスが妻のマリーと作るピノ・ノワールとシャルドネを中心とした”リヴァース・マリー”はそれらとは一線を画すワインでした。”なぜ?”というその秘密をインタビューで解き明かしています。
どうぞ書店でご覧ください。


2017年6月8日(木曜日)

ウルフギャング・ステーキハウス丸の内店(6月12日)、六本木店(6月14日)ではナパ・ヴァレーのグラン・クリュ・ワインと言われるBONDの2013年5種テイスティング・セットを限定数量、特別提供するボンドナイトを開催します/BOND NIGHT: BOND 5 wines by-the-glass limited sets are available on June 12th at Wolfgang Marunouchi and 14th at Wolfgang Roppongi

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 17時07分37秒


東京のウルフギャング・ステーキハウスではHarlanグループのBONDから支配人のスコット・グールド氏を迎えて、6月12日(月)に丸の内店で、同14日(水)に六本木店でボンド・ナイトを開催します。

ボンドはナパ・ヴァレーで栽培されるカベルネ・ソーヴィニヨン品種で様々なテロワールの違いを表現したワインを造り出すことを目標に掲げています。
現在は長期リース契約(20年以上)を結んだ5つの畑からワインを造っています。
今回、ウルフギャング・ステーキハウスでは希望小売価格1本65,000円(税別)のところ、ナパ・ヴァレーのグレート・ヴィンテージである2013年ヴィンテージ5種セット(各70ml)を12,000円(税・サ別)で限定数量・提供されます。
お好きな時間からお好きな食事をお楽しみいただきながら、ボンド・ナイト・セットをご注文いただけるという企画です。
ボンド・ナイト開催当日には初来日のスコット・グールド氏が19時から21時に来店し、来店時間内にボンド・ナイト・セットをご注文いただいた卓にご挨拶とワインの解説に伺います。
ワイン会形式とは違い、皆さまそれぞれの楽しみ方のできるボンド・ナイトをぜひ、ご体験ください。
詳細は下記の通りです。

ウルフギャング・ステーキハウス丸の内店
日時:6月12日(月)限定数量20セット終了まで。 丸の内店はこの日一日限りです。
場所:ウルフギャング・ステーキハウス丸の内店
東京都千代田区丸の内2丁目1-1, MYPLAZA明治生命館 B1F
電話: 03-5224-6151
ウルフギャング・ステーキハウス六本木店
日時:6月14日(水)限定数量30セット終了まで。 六本木店はこの日一日限りです。
場所:ウルフギャング・ステーキハウス六本木店
東京都 港区 六本木 5-16-50 六本木デュープレックスM’s 1F
電話:03-5572-6341

ワイン・リスト
Melbury メルバリー 2013年 パーカー97点
Quella クェラ 2013年 パーカー96+点
St. Eden セント・エデン 2013年 パーカー99点
Vecina ヴァシィーナ 2013年 パーカー100点
Pluribus プルリバス 2013年 パーカー100点

超人気店につき、お席の事前予約をお勧めします。 ご予約は各店に直接電話でお願いいたします。
ウルフギャング・ステーキハウス丸の内店 電話: 03-5224-6151
ウルフギャング・ステーキハウス六本木店 電話:03-5572-6341


2017年4月に来日したワインメーカー、サシ・ムーアマンのインタビューがワインレポートに掲載されました/Interview with Sashi Moorman was appeared in “Wine Report” by Akihiko Yamamoto

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 16時45分09秒

世界の最新ワインニュースと試飲レポートを掲載する”ワイン・レポート”(山本昭彦社長)に4月に来日したワインメーカー(Sandhi、Domaine de la Cote, Piedrasassi)のサシ・ムーアマンの単独インタビュー「冷涼カリフォルニアの旗手、ドメーヌ・ド・ラ・コートのサシ・ムーアマン」が6月6日付けでアップされました。





2017年6月6日(火曜日)

パラダックス・セミナーの取材記事がカリフォルニア・ワインのお勝手口に掲載されました/The article of Paraduxx seminar was appreared in “The backdoor of California wine ”

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 13時57分08秒

人気ブログ「カリフォルニア・ワインのお勝手口」に5月25日に東京・白金台の八芳園で開催されたパラダックス・セミナーの記事が前編後編に分けて掲載されました。
前編は「ダックホーン/パラダックス・セミナー 赤ブレンド老舗の気概

後編は「ダックホーン/パラダックス・セミナー 試飲編


下の写真はセミナー風景


2017年6月5日(月曜日)

2017年5月 パラダックスのワインメーカーを迎えてプロモーションを行いました/Don LaBorde, a winemaker of Paraduxx visited Japan for sales promotion.

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 16時30分23秒

2017年5月にナパ・ヴァレーからパラダックスのワインイメーカー、ドン・ラボードが初来日し、プロモーションを行いました。 パラダックスはダックホーン・ワイン・カンパニーが展開する6ブランドの内の一つであり、ドンと同行して来日したブライアン・ボストウィック輸出部長とともに、パラダックスのみならず、6ブランドのプロモーションを実施しました。

5月25日(木)
白金台の八芳園で、ワイナートのインタビューを受けました。
写真左からブライアン・ボストウィック輸出部長、ドン・ラボード パラダックスのワインメーカー




午後に同所で酒類業界関係者向けのパラダックス・セミナーを開催しました。


セミナーでは、パラダックス・プロプライエタリー・レッドの歴史と変遷をとりあげ、ブランド設立時にはジンファンデル主体でカベルネ・ソーヴィニヨン・ブレンドであったパラダックスが、なぜ、2011年ヴィンテージを境にカベルネ・ソーヴィニヨン主体のジンファンデル・ブレンドになったかについて、時間をとって説明しました。
試飲ではパラダックスがワイナリーと米国内のワイン・クラブ会員にのみ販売するレッド・ブレンド4種類を本邦初でお出ししました。今後もこの4種類の輸出予定はありませんが、創業者ダン・ダンックホーンがパラダックスの目的「国際品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンとその国固有の品種(ジンファンデル)とのブレンドで世界に通用する一級品を造る、というコンセプトを踏まえ、〜スーパー・トスカーナを代表とする、カベルネ・ソーヴィニヨンとその国固有の品種とのスーパー・ブレンド・ワインをナパ・ヴァレー産ワインで疑似体験〜をテーマとしました。

セミナーに出したワインは
2014 パラダックス プロプライエタリー・レッド・ワインナパ・ヴァレー★新ヴィンテージ(CS+ジンファンデル) カリフォルニア・オリジナル 希望小売価格6,000円(税別)
の他、同じヴィンテージで、ジンファンデル以外を使ったレッド・ブレンド4種です。

カベルネ・ソーヴィニヨンとジンファンデル ブレンドのパラダックスの完成度の高さとコスト・パフォーマンスの良さを出席の皆様に認識していただく、よい機会となりました。
日本未発売(米国内限定商品)の品質の高さにも賞賛のコメントを数多く頂戴しました。

セミナー終了後、ダックホーン傘下の他の5ブランドの全商品をフリー試飲していただきました。






同夜 恵比寿のジュリアを訪問




5月26日(金)
成城石井本部を訪問し、セミナーを行いました。




同夜、六本木の華都飯店(シャトー飯店)でワイン・メーカーズ・ディナーを開催。45名のお客様にご出席いただきました。


5月27日(土)
ディーン&デルーカ六本木店で試飲販売を行いました。




5月29日(月)
神戸のモーリヤ凛を訪問

モーリヤ凛では懐かしい切手柄のライブラリー・ワインのコレクションをお持ちです。


今井商店を訪問し、セミナーを行いました。








5月30日(火)
リッツ・カールトン大阪で開催したアメリカン・ワイン・デイ2017に参加し、昼の部の酒類業界関係者向けの試飲会、夜の一般消費者向けのパーティーに出展しました。




ダックホーン以外のワインも出展しました。


2017年6月1日(木曜日)

ヴィノテーク2017年6月号のワイン・バイイング・ガイドにクィルシーダ・クリークのCVRとマウント・エデンのピノ・ノワールが高評価で掲載されました/Quilceda Creek CVR and Mount Eden Pinot Noir Estate are appered in “Shinya Tasaki’s wine buying guide” in a monthly magazine “Vinotheque” 2017 June issue

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 16時01分37秒

食とワインの情報誌 月刊ヴィノテーク2017年6月号のワイン・バイイング・ガイド田崎真也セレクションで
クィルシーダ・クリーク CVR レッド・ワインが20点満点中18点
マウント・エデン ピノ・ノワール エステートが20点満点中17点を獲得しました。
どうぞ書店でご覧ください。


37 queries. 0.070 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

CALENDAR
2017年 6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
今月のお薦めワイン : ペドロンチェリ ジンファンデル ブッシュネル・ヴィンヤード 2015 ★創業90周年記念ボトルとなった人気ワイン・ブッシュネル・ヴィンヤードの新ヴィンテージが入荷致しました。 3,300円(税別)


NEWS&TOPICS内検索

カテゴリ一覧

月別過去ログ