2014年8月25日(月曜日)

The kickoff event for “Taste of America” was held on August 20th, 2014/アメリカ食材の祭典テイスト・オブ・アメリカのキックオフ・イベントが開催されました

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 09時40分26秒

米国大使館農産物貿易事務所(U.S. Agricultural Trade Office = ATO)が主催し、今年で4年連続の開催となるアメリカ好きの飲食店が集まる、年に1個のアメリカ食材の祭典、テイスト・オブ・アメリカが東京都内を中心に約100店舗の飲食店・企業の参加で10月1日(水)から14日(火)の2週間開催されます。
レストランに来店するお客様はアメリカ食材を使ったオリジナリティー豊かなメニュを各店舗で召し上がっていただけます。
8月20日にそのキックオフ・イベント(記者会見、トークショー含む)が東京・神宮前のCafé STUDIOで開催されました。



キックオフ・イベントでは当社のワイン2種類を含むアメリカ食材が供されました。
写真左から
LIOCO シャルドネ ソノマ・カウンティ2012年 希望小売3,400円(税別)
ゴードン シラー・エステート2009年 希望小売3,600円(税別)


2014年8月22日(金曜日)

Grace Family Vineyards appoited Ms. Helen Keplinger to new Grace Family Vineyards Winemaker/グレース・ファミリー・ヴィンヤーズはヘレン・ケプリンガー女史を新ワインメーカーに迎えました

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 18時03分18秒

2014年8月4日、ナパの元祖カルト・ワインとして有名なグレース・ファミリー・ヴィンヤーズの創業者兼オーナーのディック・グレース氏は新進女流ワインメーカーのヘレン・ケプリンガー女史を新ワインメーカーに任命しました。
ヘレン・ケプリンガー女史を任命した理由として、ディック・グレース氏は「海外でのワイン造りの経験があり、幅広い知識と経験を持つ人を探していた。ヘレンは才能豊かでグレース・ファミリー・ヴィンヤーズの歴史と伝統を守りつつ、将来に向けてうまく舵取りをしてくれる人だ」としています。
ヘレン・ケプリンガー女史はワインスペクテーターの今年の6月15日号で表紙を飾り、a rising star in Californiaと書かれています。2012年のフード&ワイン誌でワインメーカー・オブ・ザ・イヤーを受賞。
UC Davis卒業後ハイジ・バレットの元で学び、元パラダイム、ケンゾー、ブライアント・ファミリー他を経てグレース・ファミリー・ヴィンヤーズとこの度契約しました。
ケンゾーの前にプリオラート(スペイン)でワイン造りに携わった経験があります。自らの名前を付けたケプリンガー・ワイナリーを持っています。ヘレン・ケプリンガー女史は「歴史あるワイナリーのユニークな特徴をできる限りワインで表現したい」と抱負を語っています。


2014年8月5日(火曜日)

Sandhi Chardonnay St. Rita Hills and Pinot Noir Sta. Rita Hills were appeared in “Wine Report ” by Mr. Akihiko Yamamoto/2011 サンディ シャルドネ サンタ・リタ・ヒルズとピノ・ノワール サンタ・リタ・ヒルズが”「ワインレポート」に掲載されています

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 15時00分50秒

世界の最新ワインニュースと試飲レポートの「ワインレポート」(山本昭彦氏)でサンディ シャルドネ サンタ・リタ・ヒルズ2011年 希望小売6,000円(税別)が「冷涼カリフォルニアの筆頭」との評価を受けました。「この造り手のワインを何度か飲んで思った。今日のカリフォルニアを代表する白ワインを造っていると。」「…シャルドネはよほどいいものでないと、何回にもわけて飲むことが多い。これは一晩で飲み干したくなった。困ったワインだ。バランスがよく、飲むたびに発見がある。ついもう1杯と手が伸びる。ブルゴーニュにはないし、新世界にもなかった。今さら、シャルドネに感動することもない私が、初心者のように、グビグビと飲みたくなってしまった。…」シャルドネの詳細は6月25日付ワインレポートでお読みください

ピノ・ノワール サンタ・リタ・ヒルズ2011年は「…ピノ・ノワール2011にはぶっ飛んだ。… 全房発酵に由来する複雑なスパイス感と目の詰まった果実味。引き締まったニュアンスに、ルロワらビオディナミの生産者を思い出した。 これほど涼しいニュアンスのあるカリフォルニアのピノはなかなかない。…」
こちらも詳細は5月10日付ワインレポート


2014年8月1日(金曜日)

Duckhorn Dinner is going to be held at Tameike Sanno Heichinro with a presence of Mr. Brian Bostwick on October 7th, 2014/溜池山王聘珍樓でダックホーンからブライアン・ボストウィック氏を迎えて10月7日にダックホーン・ディナーが開催されます

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 09時15分53秒


溜池山王聘珍樓で来る10月7日(火)にカリフォルニアワインのメーカーズディナーがダックホーン・ワインカンパニー輸出部長ブライアン・ボストウィック氏を迎えて開催されます。
詳しい案内書はこちらをクリックください

ダックホーンのワインに関するお話しと共に、聘珍楼の広東名菜をお楽しみいただけます。どうぞふるってご参加ください。 お申込みは溜池山王聘珍樓(電話03-3596-7322)までお願いします。
日時:2014年10月7日(火)18:30受付、19:00開始
参加費:御一人様15,000円(税・料理・ワイン込み)*各種割引との併用はできませんのでご了承ください。
定員:30名様(ご予約制、定員になり次第締切とさせていただきます。)

特別コースにつき、御人数の変更やキャンセルは2日前までにお願いいたします。


ワイン・リスト
Duckhorn Sauvignon Blanc 2012
Migration Chardonnay 2012
Migration Pinot Noir 2012
Duckhorn Cabernet Sauvignon 2011
Duckhorn Merlot 2011
Duckhorn Merlot Three Palms Vineyard 2011

こちらのディナーはご好評につき全席完売いたしました


23 queries. 0.046 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

CALENDAR
2014年 8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
今月のお薦めワイン : ペドロンチェリ ジンファンデル ブッシュネル・ヴィンヤード 2015 ★創業90周年記念ボトルとなった人気ワイン・ブッシュネル・ヴィンヤードの新ヴィンテージが入荷致しました。 3,300円(税別)


NEWS&TOPICS内検索

カテゴリ一覧

月別過去ログ