2011年4月26日(火曜日)

Big Yellow Cab ヴィンテージ変更

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 14時48分35秒

カリフォルニア州メンドシーノ・カウンティにあるメンドシーノ・ワイン・カンパニーの人気商品 Big Yellow Cabのヴィンテージが2007に切り替わるとともに、希望小売価格が2,500円(税別)となりました。100円の値下げです。
2007のテイスティング・ノート:プラム、ベリー類の黒い果実に焦がしたオーク香に加えてヒマラヤ杉のアロマがあります。 
ミディアム・ボディのリッチな口当たりにジューシーなザクロ、ドライ・チェリー、ほのかなクローブ・スパイスのフレーバー。 絹のような滑らかなフィニッシュが魅力的です。


2011年4月25日(月曜日)

墨絵画家ドリュー・カタオカの被災者へささげる芸術活動

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 11時32分15秒

ドリュー・カタオカは日系アメリカ人墨絵画家で、当社の看板商品Au Bon Climat Mission Labelの絵を描いた女流画家です。 この度ドリューは3月11日の東日本大震災の被災者へのトリビュート活動として、" Sunrise 2011“を提唱・主催しています。 彼女の活動に賛同いただける方で、安全に太陽のデジタル写真(但し高解像度)を撮影出来る方は「撮影場所を明記の上」下記のアドレスまで送ってください。この活動はドリューひとりではなく、皆さまと一緒の共同作業です。  Sunrise2011Art@gmail.com
ドリューの活動をCNNが取材した模様はこちらからご覧になれます。
尚、太陽を撮影するには危険が伴います。 網膜火傷の危険性がありますので、必ず太陽撮影用のフィルター(必須)を使ってください。 レンズから入った直射日光がデジカメの撮像素子部分を破壊する恐れもあるからです。 太陽撮影用フィルターを取扱説明書通りの使い方で撮影してください。
ススをつけたガラス、下敷き、サングラスなどはまったく効果がありません。 カメラを直接のぞくことも避けてください。
 太陽を撮影することで起こりうる危険性や事故についてご理解の上、撮影する際は自己責任の元で十分注意して行うようにしてください。


2011年4月22日(金曜日)

銀座HIDORIでカリフォルニア・バイ・ザ・グラス実施

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 09時18分08秒

5月1日より銀座HIDORIにてカリフォルニアワインのグラスプロモーションが開催されます。こちらのお店は和食とワインの組み合わせを開業当初から提案しておりまして、しかも特にアメリカ産にこだわっています。ワインと寄り添うように工夫されたお料理と旨みのぎっしり詰まったカリフォルニアワインを楽しんでみては如何でしょうか?

営業時間:17時から22時
定休日:日曜日
住所:東京都中央区銀座6−2先
電話番号:03−3571−7301
最寄駅:東京メトロ銀座線から徒歩4分
    JR有楽町駅から徒歩5分
URL:http://www.ginza.jp/hidori/index.html

HIDORI店舗画像


特にお勧めのワインとしてランドマーク シャルドネがあります。こちらはソノマにある蔵元でして特にシャルドネの人気が高いです。カリフォルニアらしいしっかりとした果実味がありながら、伸びやかな酸と綺麗な樽の風味を併せ持つ非常にゴージャスな雰囲気。和食の繊細さを損なうことなく、香りや甘みとぴったり合います。
しかもこのシャルドネ、なんと今年の3月から全日空アメリカ便のファーストクラスにも採用されています。カリフォルニアの特色を良く活かした造り方が評価されたようです。

弊社のシャルドネの中でも最近特に人気のあるランドマーク。是非HIDORIで味わってください。
販売価格:グラス1300円 ボトル(750ml)6500円

ランドマーク シャルドネ


2011年4月21日(木曜日)

Nuits Blanches

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 10時38分52秒

Au Bon Climat ブルーシリーズのNuits BlanchesはMission Label Chardonnayの上級グレードの位置づけですが、Mission Labelが軽やかで酸のきれいなブルゴーニュ・タイプであるのに比べて、よりカリフォルニアらしい重みのあるシャルドネとなっています。 ニュイ・ブランシュにはヴィンテージごとにニックネークともいうべき副題がつけられますが、ニュイ・ブランシュのファースト・ヴィンテージの副題にさかのぼると、面白い事実がわかりました。
ニュイ・ブランシュはコクがあり、オーキーで熟した果実味が魅力のワインですが、オーナー兼醸造家のジム・クレンデネンがいつも作り、好んで飲むワインスタイルではありませんでした。 しかし初めてニュイ・ブランシュを作った当時、消費者も批評家も「いかにもカリフォルニア」というスタイルを求めていました。
ジムの作るシャルドネのスタイルはカリフォルニアというよりも、むしろブルゴーニュタイプ。
その為、初めてニュイ・ブランシュを作る時にジムは“WHY”という言葉をラベルにつけました。
その心は“俺はなんでこんなことをしている?”という自問です。 このワインを作り、販売することは、彼の嫌いなスタイルを作ることだからです。
ニュイ・ブランシュのファースト・ヴィンテージは高評価をワイン評論家から得て、またたく間に完売。 そして1999年にはジムは”WHY NOT”をラベルに冠しました。 その心は“この味が人々に望まれ、皆が好んで飲むスタイルならば、彼らの為に作って何が悪い?”です。 彼は自嘲しながらも、自らの好む味より、人々が望むNuits Blanchesを作るようになったのです。 


2011年4月17日(日曜日)

Malbec World Day制定

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 09時12分15秒

昨年、世界中にアルゼンチンのワインを広める役割を担う団体、アルゼンチンワイン協会(Wines of
Argentina)
によりアルゼンチンワインの象徴であるマルベック品種を記念とする「マルベック・ワールド・デー/MALBEC WORLD DAY」が制定されました。
本年より、毎年【4月17日】は「マルベック・ワールド・デー/MALBEC WORLD DAY」となりました。 世界各国ではそれに因んだイベントが開催されますが、日本では東日本大震災からわずか1ヶ月しかたっていないこともあり、イベント開催はしませんが、来年以降はアルゼンチン大使館商務部主催でイベントを行っていくとのことです。
マルベック・デーに、レストランやご家庭でマルベック・ワインをお楽しみください。


2011年4月15日(金曜日)

Napa Valley Vintners東日本大震災と津波被害の義援金に約20万ドルをあつめる

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 12時24分47秒

ナパ・ヴァレー・ヴィントナーズ(ナパのワイン生産者組合)エグゼクティヴ・ダイレクターのリンダさんから ナパ・カウンティでアメリカの赤十字に東日本大震災の為の募金が13万ドル超。 ナパの姉妹都市である宮城県岩沼市の為のに3月27日にナパ・オペラ・ハウスで開かれた義援金の為のイベントに60近いワイナリーがワインを寄付し、6万ドルを集めたとの連絡がありました。
さらに4月21日にプロフェッショナル専門の料理大学CIA(カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ)ナパ・ヴァレー グレイストーン校の生徒で構成する”和食クラブ”では被災者支援の為の “Rising Sun, Raising Support”イベントを開催予定ですが、そこでもナパのワイン生産者達がブースを出してワインを注いだり、サイレント・オークション(入札式のオークション)へのワイン寄付を行います。 同イベントの収益は赤十字の東日本大震災・津波基金に寄付されます。
さらに、既報の5月11日にThe Napa Valley Reserve で開催される”東日本大震災チャリティー・ディナーとオークション”(The Napa Valley Reserve, Meadowood, The Harlan Estate, The Bond Estates 後援)についても参加者を募っているとのことです。 
注:The Napa Valley Reserve は全米屈指の高級リゾートMeadowood(The Harlan Estateのオーナーである William Harlan 経営)に併設されている、プライベート・ワイン作りに特化した会員制の高級クラブです。


2011年4月14日(木曜日)

ヴィノテーク2011年4月号にダックホーンのセミナー掲載

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 12時13分00秒

食とワインの情報誌 月刊ヴィノテーク2011年4月号の「クローズアップワインNOW」に2月に来日したナパ・ヴァレーの雄 ダックホーン社 上級副社長ピート・プリジビリンスキーのセミナーと試飲会についての記事が掲載されています。 書店で手にとってご覧ください。


2011年4月12日(火曜日)

話題のShow RestaurantでBondのワインがグラスで飲める

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 16時55分21秒

昨年12月に赤坂のヘキサゴン・ビルにオープンしたラグジュアリーな非日常空間を楽しむショー・レストランのLuciano Show(ルチアーノ・ショー 住所:〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 TheHexagon 9F,10F TEL:9階03-3568-4818、10階03-3568-4820 )では、4月から5月末までのカリフォルニア・バイ・ザ・グラス・キャンペーン期間中だけ特別にBondの5種類のシングル・ヴィンヤード・ワインをそれぞれ1杯9,500円でオーダーできます。
Premium CultのBondワインがグラスで飲める機会など滅多にございません。 ルチアーノ・ショーは9階が炭火焼グリルとシガー・バー、10階がヨーロピアン・ダイニング。 ビジューのように美しい盛り付けで、目でも舌でもお料理を味わっていただき、毎日開催されるダンス・ショーと合わせて五感で堪能していただくレストランです。 ドレスコードはスマートカジュアルからインフォーマル(スーツ、ジャケット、タイ、ワンピースなど)。 20歳未満お断りの大人の空間です。
ご予約はお店までお願いします。


2011年4月11日(月曜日)

料理王国2011年5月号

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 10時15分24秒

料理王国2011年5月号「プレミアム・スパークリングの魅力を探る 飲みどきプレミアムスパークリング30本!」でSchug Carneros Estate WineryのRouge de Noirs が選ばれています。 有名ソムリエ4人 プロヴィナージュの田中浩史氏、ヴィーノ・デッラ・パーチェの内藤和雄氏、レストラン タテルヨシノの若林英司氏、月島スペインクラブの田中勇治氏がブランドテイスティングであらかじめ選ばれた47本から30本を選出しています。 プレミアム・スパークリングの定義を「質が高く、シャンパーニュに勝るとも劣らないと考えられるスパークリング」で「瓶内二次発酵」に限定しての試飲でした。
ルージュ・ド・ノワールには「赤ワインを思わせる、辛口のスパークリングでメイン料理とのマリアージュがたのしめそう」との高評価。イタリアのランブルスコよりもよいとのコメントもありました。
どうぞ書店で手にとってご覧ください。
Schug Rouge de Noirs 2007 希望小売価格¥4,500(税別)


2011年4月8日(金曜日)

Beaux Freres Mike Etzelのセミナーの模様

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 16時21分16秒

今年2月4日に東京で開催されたオレゴン州ウィラメット・ヴァレーにあるボー・フレールの共同オーナー兼醸造家マイク・エッツエルのセミナーの模様が”Beaux Freres’ Michael Etzel makes divine Oregon Pinot Noir wines.”のタイトルでTokyowainemattersに掲載されています。(全編英文)
筆者はワイン・ライターのSandra Shoji女史。 くわしくはコチラをご覧ください。


2011年4月7日(木曜日)

ナパのビッグネームが震災被害の為のチャリティー・イベントを企画

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 16時16分06秒

Harlan Estateの取締役支配人Don Weaverから5月11日にナパ東日本大震災義援金の為のチャリティー・イベントを開催するという連絡がありました。
発起人はナオコ・ダラ・ヴァレ女史で基金の名前はNothern Japan Earthquake Relief Fundで、ナパのビッグネーム生産者(ワイナリー)の有志がワインを寄付します。ナパの有名なレストラン レッド(ミシュラン一つ星)、テラ(同一つ星)、ゴー・フィッシュ、テラ、ミドウッドのレストラン(同三つ星)が食事を無料提供し、ディナー参加者はディナーの会費を払い、ワイン・オークションに参加するというものです。
出品されるのはほとんどが赤ワイン。 唯一の白ワインの生産者はAubert(オーベール)のみです。
開催場所の詳細などが分かり次第、またお知らせします。
ナパの超一流生産者、レストラン経営者たちの被害者支援への姿勢には頭が下がります。


2011年4月5日(火曜日)

ワイン王国2011年5月号No.62

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 12時06分39秒

4月5日発売のワイン王国2011年5月号No.62に「カリフォルニア・ワインの新潮流 時代は今、サスティナブルへ」の特集があり、当社扱いのHonig Vineyard & Wineryに訪問した記事が掲載されています。
また、「FACES」のページには2010年6月来日のCristom Vineyardsのジョン・ダナ氏のインタビュー、2011年2月来日のBeaux Freres Vineyardのマイク・エッツエル氏のセミナーの内容が紹介されています。
Twinkle Lineの新商品紹介でDuckhornのMigration Chardonnay 2008。
”グラスワイン充実の30店”では当社のワインをグラスで使ってくださっている銀座HIDORI
Gordon Brothers Family VineyardのKamiak Red Wine),神田G’drop(Santa Barbara Winery Pinot NoirMt. Eden Vineyards Chardonnay Edona Valley )が掲載されています。 書店で手にとってご覧ください。


2011年4月4日(月曜日)

ダックホーン メルロ ナパ・ヴァレーのヴィンテージ変更

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 14時47分04秒

カリフォルニア州ナパ・ヴァレーを代表する作り手の一つ、ダックホーン・ヴィンヤーズの看板商品であるメルロ ナパ・ヴァアレーのヴィンテージが2008に変わります。 価格は据置です。記号小売価格7,200円(税込)です。
2008年 収穫メモ
2008年の栽培期は生育期の初めの霜と日照り、という難しいが挑戦しがいのあるものでした。 
注意深く栽培にとりくみ、剪定により収穫量を小さくして果実に凝縮感を与え、やわらかく魅力的なタンニンを黒ブドウに、心地よい酸を白ブドウにもたらしました。
長く穏やかで涼しい夏によりダックホーン社では8月の半ばには収穫が始まり、11月の初旬に終わりました。
どちらかといえばゆったりとしたペースでの収穫は、品質を重視して一列ごと、またはブドウ樹の片面のみの摘み取りなど、細かく区割りをして摘むことを可能としました。

ワインメーカーからのコメント
2008年の味わいは特に複雑味があり、様々な魅力を表出したメルロで、きれいな赤い果実の要素と黒い果実の凝縮した要素が一体となったワインです。 アジア風のスパイス、レッド・カラント、プラム、ブルーベリーの新鮮なアロマと土臭さを感じさせる一面も併せ持ちます。口中ではその二つがバランスよくベルベットのような贅沢な厚みを持ち、互いのアロマがこだまするように響き合います。 細かい粒状のタンニンにモラセス糖とヌガーのようなオーク由来のフレーバーがよくまとまっています。
セパージュはメルロ86% 、カベルネ・ソーヴィニヨン9.5%、プティ・ヴェルド 3.5%、カベルネ・フラン 1% 


2011年4月2日(土曜日)

Laurel Glen Vineyard売却

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 15時43分46秒

1970年代後半からソノマ・マウンテンでローレル・グレン・ヴィンヤードを開いたオーナー兼醸造家のパトリック・キャンペルは同ブランドをボルドーのシシェル一族に売却しました。 パトリックはソノマでのワイン産業のパイオニアの一人ですが、現在はローダイやアルゼンチンに持つワイナリーに興味が移り「ローレル・グレンでやりたいことはやりつくした」と述べています。
同ヴィンヤードのアシスタント・ワインメーカーのレイ・カフマンもパトリックとともにローレル・グレンから離れることとなりました。 今後は2人はレッズとザ・ジンについては今まで通り、ワインを自分の手で作り出すとのこと。 ローレル・グレン カベルネ・ソーヴィニヨンとカウンター・ポイントは新オーナーの手で継承されることとなります。


2011年4月1日(金曜日)

Malbec World Day

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 15時02分33秒

昨年、世界中にアルゼンチンのワインを広める役割を担う団体、アルゼンチンワイン協会(Wines of Argentina)によりアルゼンチンワインの象徴であるマルベック品種を記念とする「マルベック・ワールド・デー/MALBEC WORLD DAY」が制定されました。
本年より、毎年【4月17日】は「マルベック・ワールド・デー/MALBEC WORLD DAY」となりました。
日本では東日本大震災のわずか1ヶ月後ということもあり、今年はイベント開催は見送りとなったそうですが、来年以降はアルゼンチン大使館商務部でイベントを企画するとのことです。 マルベック・デーにちなんでどうぞマルベック種のワインをレストランやご家庭で飲んでみてはいかがでしょうか?


ヴィノテーク2011年4月号バイイングガイド

カテゴリー: - NAKAGAWA WINE @ 11時13分21秒

食とワインの情報誌「月刊ヴィノテーク2011年4月号」のワイン・バイイング・ガイド田崎真也セレクションで当社のワインが高得点を取得しました。
18.5/20 Ghost Block Cabernet Sauvignon 2007 Napa Valley 希望小売11,500円(税別)
17.5/20 Schug Carneros Estate Winery Chardonnay 2008 Carneros 希望小売4,500円(税別)
17.5/20 Damaine du Pegau Chateauneuf du Pape Cuvee Reserve Rouge 2006 希望小売8,500円(税別)

ゴースト・ブロックのコメント:紫を残した濃いガーネット色。 香りには複雑性があり、ブラックチェリーやブラックベリーのコンポート、すみれの花に、木樽由来のロースト香やヴァニラ、甘苦系スパイス、ほのかな腐葉土や樹脂などの香りが調和する。豊かな果実味が広がり、しかりとしたストラクチュアが感じられる。 バランスもよく、余韻まで長くなめらかさを保持。

シュグのコメント:色調はグリーンがかったやや明るめのイエロー。香りは華やかで、熟したグレープフルーツや黄色いリンゴのコンフィ、白い花にビターアーモンど、バター、ローストナッツ、ヴァニラ、ミネラル香などが調和。味わいは、まろやかな果実味からバランスよく広がる。余韻まで長くふくよかさが感じられる。
ペゴーのコメント:オレンジを含んだ濃いめのガーネット色。香りには複雑性があり、ブラックチェリーのコンフィやオリエンタルスパイス、腐葉土、トリュフ、樹脂、ロースト香などが調和。 ビターチョコの香りも仄かに感じられる。味わいのアタックは豊かで、広がりにもヴォリューム感がある。タンニンはなめらかで、アフターに甘苦い味わいを残す。 

ペゴーのコメント:オレンジを含んだ濃いめのガーネット色。 香りには複雑性があり、ブラックチェリーのコンフィやオリエンタルスパイス、腐葉土、トリュフ、樹脂、ロースト香などが調和。 ビターチョコの香りもほのかに感じられる。 味わいのアタックは豊かで、広がりにもヴォリューム感がある。 タンニンはなめらかで、アフターに甘苦い味わいを残す。


47 queries. 0.077 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

CALENDAR
2011年 4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
今月の注目ワイン : ダックホーン メルロ スリーパームス・ヴィンヤード 2014 ★ワイン・スペクテイターが選ぶ年間TOP100の1位に選出。ダックホーン・メルロのトップ・キュヴェ 限定希少品


NEWS&TOPICS内検索

カテゴリ一覧

月別過去ログ